9月21日(水)にOS X El Capitanの次のバージョンとなる、macOS Sierraがリリースされました。OS XからmacOSに名称が変更されたのにお気づきでしょうか?「iOS」「watchOS」 などに統一させるためにmacOSになったのだと思われます。管理人の予測だと...

OS XとはEl Capitanでさよならですね。しかしOS X El Capitanには無い、新機能が追加されたのです!

【管理人が一番気になる新機能は...】

音声アシスタント「Siri

 
あのiPhoneなどのiOS端末に搭載されてるSiriですよ! 起動する方法は簡単。MacのメニューバーのSiriアイコンをクリックするか、Dockのアプリアイコンをクリックするだけで、Siriに色々聞けます!
58


MacだからこそSiriに聞けることもあるそうです。

  • Macのスペック
  • システム設定を音声で変更できる
  • Finderの操作
  • 検索結果の保存
  • スマートフォルダの作成
  • ショートカットキーでSiriの起動

参考:AAPL Ch. 

ざっくりいうとこんな感じ。詳しくはリンクをクリック。


以下はアップグレードの問題点

アプリケーションがクラッシュする問題

  • Chromeが落ちると同時にMacのロック画面になってしまう。また、ロックを解除すると、最終的には以前起動していたアプリケーション全てが落ちてしまっている。

使えなくなったアプリケーション

  • 管理人には致命的とも言える、ゆっくりボイスの音を生成するソフト。音声合成ソフトが起動不可になりました。アプリアイコンには禁止マークが出ていて、起動しようとすると「このバージョンのアプリケーションはこのバージョンのmacOSでは使用できません」と表示される。多分ですけど、macOSではサポートしなくなったということですね。
スクリーンショット_2016-09-24_3_10_33

Macでは編集ができなくなったので、今度WindowsPCにAviUtlという有名な編集ソフトで編集をやって見ますね。しかし、Appleの動画編集ソフトの方が使いやすいので、どうしようかなと悩んでいます。

最後に...


当たり前ですが、バックアップをしてからアップグレードをするべきです。OS X El Capitanの時使えていたアプリケーションが使えなくなり、動画編集ができなくなってしまうということになってしまいます。

※これはあくまで、個人の意見です